中学生国語 古文特別授業  
*A・B・Cの合計14日間(14回)はすべて内容が異なります。 

A 7/27-31(5)

午後 5:30-8:30

B 8/3-8/6(4)

午後 2:00-5:00

C 8/20-24(5)

午後 2:00-5:00

@論説・説明的文章と文学的文章をバランスよく配置します。記述方式の分析問題により読解します。

A要約・課題作文を作成します。

B文法・知識を非常にわかりやすく説明し、その場で習得させます。

C漢字をその場で習得させます。


中学生古文特別授業
8/8-12 *5日間(5) 5:30-8:30 
*主に中学2〜3年生を対象にします。

@高校の授業内容(主に文法の基礎・基本的な語句の意味)を先取りする授業です。高校入試対策にも十分になります。 

A読解と文法を結び付け、文法の意味を具体的に実感できる形でトレーニングをします。 

B
5日間で基本的な文法のポイントの大半をカバーします。 

C
読解を通して単語の意味を把握し、身に着けるというトレーニングをします。 

D学校の授業を役立てることができるようにするための基本技術を習得させます。 

E古文の音読と暗記もしてもらいます(これなしに古文の力がつくということはありません)。

F竹取物語、枕草子、徒然草、平家物語など基本的なものを題材として使う予定です(これらをすべてカバーするという意味ではありません)。

*古文を経験していない中学1年生には適しません。 
*基礎を学び直したい高校生には適します。そのような
高校生も3名程度まで受け入れます。



授業料(税込み)全授業に共通です。
 5回まで=6000円×(受講回数)

A 6回以上=3万円+4000×(受講回数−5回)

B 兄弟姉妹の回数は通算します。
  例 姉6回+弟5回=11回

振込み期限 7月20日(金曜日)午後3時

@ 4回以上お取りになる場合、この期限内(7/20pm3:00までのお振込みは500円の割引を致します。授業料より500円をお引きの上、お振込みください。
   500円を引かないで振り込まれた場合には、特典を放棄したものとみなさせていただきます。

A お振込み手数料はご負担願います。

B 上記7月20日(金)午後3時まではキャンセル可能です。これ以降のキャンセル・返金には応じかねます。病欠などの場合には、他の日に振替ができます。
   返金の際には手数料500円を引かせていただきます。

C 振込期限を過ぎても、講習の申込はできます。(振込期限は申込期限ではありません。講習の申込は授業前日まで可能です。)

D お振込先は、講習をお申込いただいた後に、それぞれの方に通知いたします。

授業の取り方
* 口頭によるお申し込みは、失念の危険があるため、お受けできません。
* 内部生の方は、普段使用しているPCメールや携帯メールで申し込みできます。
* 下のDの申込フォームで申し込むことができます。外部生の方はフォームをお使いください。

@ 5月14日(月曜日)正午よりお申し込みを受け付けます。

A 各授業とも1回ごとに完結する授業をするため、1回ずつバラバラに組み合わせてとることができます。
 1回(日)以上、何回(日)でも(例4回・6回・9回)受講できます。 
  1回だけでもとれます。
  
  例  A君の場合   6年国語 7/23,257/288/18/20228/25,28,30   合計13回

B 内部生・外部生を問わず先着順に受け付け、定員になり次第締め切ります。

C 各学年科目の授業日程をご覧になり、お取りになる講座、受講日時、受講回数をお決めください。

D 申し込みフォームにご記入の上、送信してください。 申し込みフォームは外部生と内部生で異なります。

外部生申し込み用フォーム    内部生申し込み用フォーム


E お申し込みメール確認後に、こちらより「お申し込み確認メール」を送信いたします。

  これは、事務処理後にお送りするため、お申し込みをいただいた後、数時間から1日ほどかかりります。

  1日ほど経っても「お申し込み確認メール」が届かない時には、直接お問い合わせください。まれに迷惑メールとして削除されることがあります。
   п@03−6278−9648

このページの最初授業料授業の取り方
講習のトップページ
 6年生国語  歴史時事問題特別授業   5年生国語
 中学生国語  中学生古文特別授業
 大学受験現代文・小論文 大学受験英語 大学受験古文
 PC用の夏期講習のページ  PDF版
ホームページトップ